カスタムフィールド
0

カスタムフィールドのカレンダーから日付入力して曜日まで表示する

ワードプレスの投稿日時、
the_date
で曜日を表示するには、

<?php the_date("Y年n月j日 l"); ?>

これで「2015年3月23日 月曜日」と表示。

曜日に()を付けたければ、

<?php the_date("Y年n月j日(l)"); ?>

2015年03月12日(木曜日)となる。

曜日の部分を整形して
2015年3月23日(月)
のようにするには、
[WordPress] 曜日を日本語で取得する | 制作メモ | 560DESIGNS様に記載されている下記で可能。

<?php
$week = array ( '日', '月', '火', '水', '木', '金', '土' );
echo get_the_date( 'Y/m/d' ) . ' (' . $week[date ( 'w', get_the_date( 'U' ) )] . ')';
?>

では、
カスタムフィールドの定番中の定番(自分の中では)プラグイン、
Custom Field Template(カスタムフィールドテンプレート)を使って、
・カスタムフィールドにカレンダー表示させて
・そのカレンダーで指定した年月日を
・○年○月○日(○曜日)のように表示する
には。

まず、Custom Field Template設定画面。

[日付]
label = 日付
type = textfield
size = 35
date=true
dateFormat = yyyy-mm-dd
startDate = '2003-12-01'
dateFirstDayOfWeek = 1

※本日以降の日付の選択のみでよければ7行目は不要
※日曜始まり表記にしたければ8行目「dateFirstDayOfWeek」を1から0へ。
参考サイト:カスタムフィールドテンプレートでカレンダーを使って日付を入力する

これでカレンダーから選択できるようになる。
カスタムフィールドのカレンダー

これを曜日付きで表示するには、下記をテンプレートファイルの表示したい場所へ。

<?php
$date = post_custom("日付");
echo date('Y年n月j日', strtotime($date));
?>(<?php
$date = post_custom("日付");
$week = array("日曜", "月曜", "火曜", "水曜", "木曜", "金曜", "土曜");
$time = strtotime($date);
$w = date("w", $time);
echo $week[$w];
?>

「2015-04-02」とう形式で取得して、表示する時に「2015年4月2日」へ変換。
「2015-04-02」とう形式から曜日を取得して表示する。

これで、カスタムフィールドのカレンダーで日付を簡単に選択して、それを曜日つきで表示することができる。

関連記事
住所からGoogleマップを簡単表示
カスタムフィールド固定,簡単にカスタマイズするプラグイン【Custom Field Template】
カスタムフィールド値の文字数を制限して表示